【MLM体験談】アンチじゃないけど、メラルーカに勧誘されて怖い思いをした話②

こちらの記事はメンバーさんから寄せられた体験談です。

1話目をご覧になられていない方はそちらからお読みください

【MLM体験談】アンチじゃないけど、メラルーカに勧誘されて怖い思いをした話①

2017.12.22

部屋へ入ると他の参加者も・・・

目的地のマンション下に到着。

その男性の友人らしき人が1人2人いて、

今中に入っていいか確認中だの、飲み物は準備出来てるか?などとやりとりをしていて、

 

あれ?もしかして一緒に行こうと言うのは一緒に参加するというのではなく、この人は何か企画してる側のスタッフなのかな?となんとなく気づきました。

 

集められて一緒にマンションまで来てた他の人もキョロキョロなんだか不安そうでしたが、そのままマンションの一室に案内されました。

 

部屋の中は大きな絨毯にソファが一つ。

大きなホワイトボードと、プロジェクターが用意されていました。

 

床に座布団を敷いて座って待つように支持され、次々と人が入ってきてだいたい15名ほどの人数に。

受付と称し紙を配られフルネームで名前と紹介者の名前を横に書くように指示されました。

 

ユダヤ人大富豪の教え

しばらくすると私を誘った男性と、もう1人の男性、女性が出てきて、

ユダヤ人がいかに頭の良い人種か、ユダヤ人が作った企業や成功者の例など、

これから登場するユダヤ人(先生)の素晴らしさ、今日ここに集まり話を聞けるのは本当に幸運だ!

と紹介をうけました。

 

実際に現れたユダヤ人の方はとっても洗練されていてかっこよかったです。

姿勢も良く話し方もハキハキ穏やかで、服もデザイナーさんが仕立てている一点物のような身なりでした。

 

5つの事業をしていて、メインは宝石商でどれも成功を納めているが、

人の役に立つことや人々も自分のように豊かになる手伝いもしているとの事。

 

前半の話は

お金の生み出し方や質の話

副業は必要か不必要か

豊かに生きる為に必要なお金

時間、人間関係、健康

など、

「ユダヤ人大富豪の教え」の本にある内容が殆どでしたが、とても面白かったです。

 

ユダヤの教えでは、13歳になるまでに生きていく為に必要な知恵や教育を叩き込まれるそうです。

 

収入というのは最低でも3つの柱を持たなければならない。それも上手くいってる時に始めるのがベスト。

一つがダメになってももう一つがあれば生活が出来る。

そして3つ目が必要な理由は、ダメになってしまった一つのビジネスを再建する為の資金にもなる。

 

ここからついに勧誘が始まる

副業は何でも良いわけじゃない。

ユダヤ人が選ぶのは

ローリースクでハイリターン。そして必ず権利収入になる物。

 

今日は元々成功していてもユダヤ人が選ぶ、素晴らしいビジネスを紹介します。

という流れに・・・。

 

自分と出会い、チャンスを手にし、大金持ちになった人を紹介する、と言って

プロジェクターで何かの表彰式に出場して写真に写っている人を見せられました。

 

この辺りから、

「すみません、帰ります。メラルーカ知ってるので」

と足早に出て行く人がチラホラ。

 

メラルーカ???

私はメラルーカというものを聞いたことが無かったし、

何かの勧誘だとは気づいたものの、いきなり席を立つのも大人気ないと思いとりあえず最後まで話を聞くことに。

 

 

 

しかし、話を聞いたみゆきさんはこの後大変なことになってしまいます・・・

続きは

【MLM体験談】アンチじゃないけど、メラルーカに勧誘されて怖い思いをした話③

2017.12.22

 

 


素人のまっちゃんでも、ついに計150人以上の組織に!


僕が住んでいるのは九州の田舎の方です。セミナーに行くのも、アポ取った人に会いに行くのも大変、交通費もバカにならない。 そんな状況から抜け出して、今は田舎だろうが、海外だろうが、いつでも、どこにいても組織を伸ばせるようになりました。 さらに最大の問題点だった「アポを取る」「人に話す」という苦手分野はすべてネットで行えているので、緊張することも、変なことを言ってしまうこともなくなりました。 おかげでストレスなく、自分のペースでビジネスに取り組めるようになり、心にも余裕が出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です