ADS

ネットMLMで短期成功するために必要なこと

今日は最短最速で成功するために必要なことをご紹介します!

この記事を読んでいるアナタも、すごく気になる話ではないでしょうか?

 

開始から半年で1,000人、1年で2,000人、5年近くたった今は5万人近くの組織を構築した最新のMLM成功テクニックの一部をお伝えしたいと思います!!

 

 

短期成功するために

自分のビジネスを早く成果を上げて、短期的に成功するためには

  • 要領良く
  • 効率良く
  • 正しい努力

をすることが当たり前ですが、必要になってきますし、
それができれば短期的な成功が可能です。

ですが

逆に要領が悪い、効率が悪い、努力の仕方を間違っている

となると、10年かかっても、一生かかっても成功できなくなってしまいます。

 

どうしたら短期的に成功できるか

MLMは特に、
始めたばかりの時は皆さん能力がない方がほとんどです。

僕もそうでした。

ただ、能力ないままでは紹介出すことも難しいですよね。

 

そんな時は

能力ある人の力を借りよう!

 

能力のある人とは自分以外の能力を持っている方のことです。

MLMでいうと

  • アップライン
  • オフィス
  • ノウハウ
  • 資料

などですね!

いわゆる“環境”です。

 

自分の持ってないものをいかに活用できるか、環境をいかに活用するかが大事です。

アップラインの方のパワーは存分に借りて引き上げてもらうことも、このビジネスではとても大切なことです。

 

やりながら自分の能力も磨いていけばいいんです。

だからアップラインと仕事をする、時間を共有するということが
このビジネスではめちゃめちゃ大事なんですね。

 

この考え方が根本的にズレてると

自分で考えたり、行動したり、
すでにあるノウハウを自分で考える作業は無駄でしかありません!

 

まずは自身の周りには、どんな”環境”があるかを知ることが非常に大事です。

 

短期成功のコツ
  • 要領良く・効率良く・正しい努力
  • 能力のある人の力を借りる
  • 環境を活用する
    (アップライン・オフィス・ノウハウ・資料)
  • どんな環境があるか知ることから始める

短期成功は本当に可能なの?

村井さんが立ち上げたADSは、

  • 1か月目
    100人
  • 2か月目
    200人
  • 3か月目
    500人
  • 6か月目
    1,000人
  • 12か月目
    2,000人

こんな感じでとんとん拍子で増えて

今や5万人近くまで増えています!

 

レバレッジを効かせる

なんでここまでトントン拍子で増えていったのかというと

ネットのレバレッジが効いているから

レバレッジとは?
レバレッジ(英語: leverage)とは、経済活動において、他人資本を使うことで自己資本に対する利益率を高めること、または、その高まる倍率。原義は「てこ(レバー、lever)の作用」。
引用元:Wikipedia|レバレッジ

 

通常のMLMも人のレバレッジのみ効いています。

自分の時間は1日24時間と限られていても、
グループが1日1人1時間でも使ってくれたら、

100人いれば100時間、1,000人いれば1,000時間使えることになりますよね!

 

自分の時間では絶対無理なことが

人のレバレッジの効果があると、それが後からどんどん効いてくるんですね。

 

ADSはネットのレバレッジを効かせている

例えばブログや動画などです。

たった1回書いた記事や、録った動画が
1年後にものすごい数の閲覧数、再生回数になっていきます。

 

仮に1日かけて書いた記事や動画でも

そのたった1個の動画が1万回再生とかいったらどうですか?

 

自分ひとり、リアルのみでは絶対にできない数の
新規へのアプローチ、メンバーへのフォロー、教育ができちゃうんですね!!

 

だからこそ、ネットMLMは短期成功に最も適しているといえると思います。

 

MLMはそもそも年齢、経験、性別、学歴、職歴など一切問わず、
誰でも参加できる、本当にすごいビジネスです。

MLMの会社によっては学生不可、未成年不可などの法律や会社の規約があります

 

ということで、

まずは環境を知ることから始めてみましょう!!

5万人以上の組織づくりに成功したSNS時代のネットMLM手法

MLMとは口コミで商品流通を起こし、その対価として報酬をもらえるもの

というビジネスモデルではなくなってきています!

「口コミ」もダメではないけど、
今の時代ならもっと効率いい方法もあります。

皆さんに合うやり方を見つけて
将来に備えて、MLMで権利収入を作りましょう!